Sunday, October 2, 2011

Goals: The Past Me vs. Present Me

(Translations into Japanese have been done by Babylon; I'm still trying to learn more Japanese, but if you know of a better translator, please let me know!)

(日本語の中への翻訳がバビロンによってされました;私はまだもっと日本語を学習しようとしています、しかしもしあなたがもっと良い翻訳者について知っているなら、どうか私に知らせてください!)

I've been wanting to post more regularly to my blog pretty much since the last time I'd posted. Many beautiful ideas have come and gone while I was mostly too busy between work and school and had too little money to spend on crafting as I have in the past. And then, school finally ended (with a 3.95 GPA for my BA in Psychology!). Everyone has been asking, "What will you do now?" And, the answer is . . . I don't know! :}

私は(今まで)私が(すでに)ポストしていた最後のときからおおかたいっそう規則的に私のブログにポストすることを望んでいました。 多くの美しい考えが来て、そして、私が仕事と学校でたいていあまりにも忙しかった間に、行きました。 私は同じく私が過去に通常ブログを作成するであろうに精巧な細工をすることに使うべきあまりにわずかしか金を持っていませんでした。 そしてそれから、最終的に終わらせられた学校と私得られた心理学の私のBAのための3.95のGPA! 皆が尋ねていました、「あなたは今何をするでしょうか?" そして、答えはそうです。 . . 私は知りません!

Anyone who has followed my blog in previous years will know that I set many goals because of my varied interests, and I really hate to not succeed in goals. Employers also ask about goals, wanting to know where you expect to be in five or even ten years. For a long while, I have been feeling like a failure because my life is pretty whimsical. The only goals which have remained the same for the duration of my life include the desire to have healthy and close family relationships and friendships, as well as to find true love. Those goals tend to propel my other goals, and I often feel guilty for that. I will work on music composition for a friend, but not really for myself. I will give my best at my job as long as I know someone else will have a better life with similar opportunities for happiness because of it. But when it comes to keeping a perfect home, increasing my level of talent in one area or another, or even trying to make tons of money . . . I have to say that I don't care as much as most people. I am pretty happy and am content to daydream and see beauty in the world and just live in it. In the back of my mind is this nagging voice that says I am not living my life properly, though, because I tend to make goals and then discard them very easily.

前の年に私のブログを追った誰かが私が私のさまざまな利害関係のために多くのゴールを設定する、そして私が本当にゴールで成功しないことが嫌いであることを知るでしょう。 雇用者が同じく、あなたがどこが5あるいは10年にさえあることを予想するか知ることを望んで、ゴールについて尋ねます。 長い間、私の生活がかなりこっけいであるから、私は(今まで)失敗のような感じがしていました。私の生活の期間中、同じままでいた唯一のゴールは真実の愛を見つけるために健康な、そして親密な家族関係と友情、を持つべき願望を含みます。 それらのゴールは私の他のゴールを推進させる傾向があります、そして私はそれのためにしばしば罪の意識を感じます。 私は、本当に私自身のためにではなく、友人のために音楽構成上で作業するでしょう。 私がほかの誰かがそれのために幸福の類似の機会でもっと良い生命を持っているであろうことを知る限り、私は私の仕事において最善をするでしょう。しかし完ぺきな家を保持して、1つのエリアあるいはもう1つの才能の私のレベルを増やすか、あるいは大金をもうけようとしさえする話になると。 . . 私はたいていの人々と同じぐらいあまり私はかまわないと言わなければなりません。 私はかなり幸せであって、そして空想にふけって、そして世界中で美しさを見て、そしてただそれに住んで満足しています。 私がゴールを取って、そして次に非常に容易に(彼・それ)らを捨てる傾向があるから、けれども、私が適切に私の生活を送っていないと言うこのしつこい発言が心の奥底です。

So, I turned to the internet and searched to find out the answer to the question which has been plaguing me: Is not having a goal really a bad thing? The answer that I found which best mirrored my feelings was one by Leo Babauta, who wrote a blog entry called "The Best Goal is No Goal." What he said was so true! I've been completely limited by my goal-setting, not helped by it. Amazingly, once I let go I felt a kind of relief I haven't felt in a while. Here I had been worrying that people would look down at me as a failure for not going on to get a masters degree in psychology or possibly not even using my BA in psychology at all, but I had forgotten something really crucial about my growth process. Sometimes, in order for new growth, we have to cut away pieces of the past.

それで、私はインターネットの方に向いて、そして(今まで)私を悩ませていて:本当にゴールを持っていない質問への返事の外に良くないものを見いだすために探索しましたか? 私がどのベストが私の感情をコピーしたか見いだしたという答えは「最も良いゴールと呼ばれるブログエントリーがゴールではないと書いたレオ Babauta によっての(の・もの・人)でした。" 彼が言ったことはそれほど本当でした! 私は完全に、それによって助けられないで、私のゴール設定によって制限されました。驚異的に、私が放す途端に、私は私がしばらくの間感じなかった一種の安堵を感じました。 ここで私は(それまで)、心理学のマスター学位を手に入れることを続いてしなくて、あるいはまったくもしかすると心理学で私のBAを使いさえしないことに対して、人々が失敗として私に見下ろすであろうことを心配していました、しかし私は私の成長プロセスについて(すでに)本当に決定的な何かを忘れていました。 時々、順に新しい成長のために、我々は過去の作品が先になるまで切らなければなりません。

Honestly, letting go of things is probably my greatest weakness. At a young age, I lost a lot of people I cared about either due to illness, death, or because I had moved away and lost contact. Consequently, I clung to things that had sentimental value. I also had trouble getting people to believe that I am who I am, so I tended to collect "evidence." I had a reality check some years back when I started taking psychology courses where I recognized that there was no point trying to get someone to understand who I am, particularly if they've already made up their mind. I still liked to keep the proof, but it didn't actually help. So, I forced myself to get rid of it. And, because my husband hates clutter, I tossed out a lot of old things which I've liked for a long time because I simply don't use them. Every day stuff to some people, but a really hard task for me. But, both things were very liberating! More space, and finally being able to let go of relationships which were bad for me. If you assume I'm something I'm not and show no interest in trying to get to know the real me, I'll just pretend you don't exist . . . because that's essentially what you're doing to me. Freedom! Without all of that, there's so much room to think about other things, to become a new person . . . to create new goals!

正直に言って、ものを手放すことはおそらく私の最も大きい弱点です。 若い年齢において、私は死の病気のためにあるいは私が(すでに)去って、そして連絡を失っていたから私が気にかけた多くの人々を失いました。 従って、私は心情的価値を持っていたことに執着しました。 私は同じく人々に私がありのままの私であると信じるようにさせるのにてこずりました、それで私は集金する傾向があった「証拠." 私が、特にもし(彼・それ)らがすでに(彼・それ)らの心を決めたなら、私が誰かに私が誰であるか理解するようにさせようとしてポイントがなかったことを認識した心理学コースをとり始めたそのころ、私は数年真実性分析を持っていました。 私はまだ証明を保持することを好みました、しかしそれは実際に助けになりませんでした。 それで、私は私自身にそれを取り除くことを強いました。 そして、私の夫が取り散らかしが嫌いであるから、私がただ(彼・それ)らを使わないから、私は私が長い間好きであった多くの古いものを捨てました。私のための本当に厳しいタスク以外のすべての若干の人々への日。 けれども、両方のことが非常に心を解き放ちました! もっと多くのスペース、そして最終的に私にとって良くなかった関係を振り切ることが可能であること。 もしあなたが私が私がそうである何かであって、そしてレアル私を知るようになろうとすることに対しての興味を示さないと想定するなら、私はただあなたが存在しないというふりをするでしょう。 . . なぜならそれは本質的にあなたが私にしていることですから。 自由! それのすべてなしで、本当に他のことについて考えて、新しい人になる余地があります。 . . 新しいゴールを作るために!

Right after Terinati and I moved, I was a very different person from who I am today, and that was only a little over a year ago. I have learned so much about myself and know that it is time to let old goals die, and possibly let go of the notion of needing to set goals in order make accomplishments in life. It is time to make way for the new me! And, more importantly, it is time to stop telling myself things like, "Don't play video games; that's a waste of time," or "You can't relax now. You haven't made the entire house spotless!" I am never going to be perfect, nor do I want to be. I actually enjoy flaws; they make everyone funny, unpredictable, and interesting. I have seen seemingly perfect houses before, and I have seen people who have great success in one particular field. I always think that there's probably some trade-off there; nothing is free. So, all we can do is ask ourselves if the story of our lives, as we would tell it today, would make us happy. And, if it doesn't, it's time to take an adventure and modify it!

Terinati と私が動いたすぐ後に、私は今日の私からの非常に異なった人でした、そしてそれは1年前にただ少し終わりました。 私は私自身についてそれほど多くを知って、そして古いゴールを死なせて、そしてもしかすると順にゴールを設定する必要があることについての概念の碁を人生で成績を作らせる時間であることを知っています。 新しい私のために道をあける時間です!そして、もっと重要なことに、それは私自身にことを話すのをやめるべき時間、「ビデオゲーム;すなわち、時間の浪費をプレーしないでください」、です、あるいは「あなた ca は今リラックスしません。 あなたは家全体を汚れがなくしませんでした!" 私は決して完ぺきにするつもりではありません、同様に私はそうであることを望みません。 私は実際に傷を楽しみます;(彼・それ)らは皆を面白くて、気まぐれで、そして面白くします。 私は前に表面上完ぺきな家を見ました、そして私は1つの特定のフィールドの中に大きい成功を遂げる人々を見ました。私は常にそこにおそらくいずれかのトレードオフがあると思います;何も無料ではありません。 それで、我々がすることができるすべては我々自身に我々の生活の物語が、我々が今日それを話すであろう(とき・から・につれて・ように)、我々を幸せにするであろうかどうか尋ねることです。 そして、もしそれがそうしないなら、冒険をして、そしてそれを修正する時間です!

So, that's the way I think I will be living my life (and writing my blog) from now on. Hopefully, that means I can write more, though I don't know how interesting it will be. At the very least, I hope it will help someone going through the same or similar things. And, I don't want to underplay the importance of goals; some people need to set goals and the process can be very important for them, but like all things, it does not work for everyone in all phases of life. For me right now, I'm just going to live.  =^--^=

それで、それは今から私が私が私の生活を送って(そして私のブログを書いて)いるであろうと思う方法です。 望むらくは、それは、私がそれがどれぐらい面白いであろうか知らないけれども、私がさらに多くを書くことができることを意味します。 少なくとも、私は同じことあるいは類似のことを体験することは誰かに手を貸すであろうことを希望します。 そして、私はゴールの重要性を控え目に演じることを望みません;若干の人々がゴールを設定する必要があります、そしてプロセスは(彼・それ)らのために非常に重要であり得ます、しかしすべてのもののように、それは生活のすべての段階に皆のために働くわけではありません。 =^--^=

P.S. - I finally have a new camera, so hopefully that means I will be have more interesting blogs because I can share the cool footage! Hooray! :)

P.S.   - 私が冷たいフィート数を共有することができるから、私がであろう手段がいっそう面白いブログを持っているほど希望を抱いて、私は最終的に新しいカメラを持っています! やった! :)

1 comment:

  1. 1xbet korean - LegalBet
    1xbet korean. Legalbet 온카지노 provides online sports betting for many, most 1xbet korean popular types of live betting, and live bet. 3 bet. 카지노사이트 1xbet korean.

    ReplyDelete